2017年9月15日金曜日

ドライ食用ほおずき

9月も半ばになって、私の畑の食用ほおずきは本格的な収穫期に入ってきました。

<私の畑の食用ほおずきの畝 2017年9月15日10:02>

食用ほおずきは下の写真のようにガク(袋)が黄色からオレンジ色になると甘みが出てきて、採り頃です。

 <採り頃になった食用ほおずき 2017年9月15日09:57>

今日は籠半分くらい収穫しました(下の写真)。

<収穫した食用ほおずき 2017年9月15日10:32>

例年、我が家では食用ほおずきは大部分をジャムにして、保存食にしています。
今年はフードドライヤー(食品乾燥機)を購入しましたので、まず、ドライ食用ほおずきを作っています。

 <水洗いした食用ほおずきの実 2017年9月7日09:16>

ガク(袋)を取って、水洗いした食用ほおずきを半分に切ります。

 <半分に切った食用ほおずきをトレイに並べる 9月7日09:43>

それをフードドライヤーのトレイに並べて、温度を68度に設定して、乾燥を開始します。

 <食用ほおずきの乾燥開始 2017年9月7日09:44>

途中、トレイの上下の位置を何回か交換して、合計18時間乾燥させました。
これで、かなり水分が抜けてドライになりました。
食用ほおずきの旨みが凝縮されて、このまま食べても美味しいです。しかし、ちょっと酸味が強くなります。そこで、今はこれにグラニュー糖を少しまぶして食べます。すると、更に食べやすく美味しくなります。

<出来上がったドライ食用ほおずき 9月8日07:49>

また、特に長く保存する必要がない時には、乾燥時間をこの時間の半分程度、6~8時間にすると、もっとソフトのセミドライで、味自体はこの方がナチュラルで我が家の好みです。

食用ほおずきは生で食べても良いし、冷凍してもシャーベットのように食べられるし、いつものようにジャムにして保存したり、今度のようにセミドライ(あるいはドライ)も美味しいし、食べ方の楽しみが広がりました。

<私の畑の脇に自生するコスモス 2017年9月15日11:14>

ところで、話は違いますが、今、蓼科高原では誰かが植えたものや、あるいは自生のコスモスががあちこちで満開です。私の畑、めぐみファームでも、畑の脇に毎年自生するコスモスがきれいな花を咲かせています。

2017年9月11日月曜日

「どっこいしょ喫茶」でボランティア・ギター演奏

茅野駅前の商業ビル「ベルビア」の1階には「どっこいしょ広場」という休憩スペースがありますが、あるボランティアグループによって毎月8日の午後にここで「どっこいしょ喫茶」が開かれていて、手作り菓子とお茶が100円で提供されています。
私のギター仲間のyayoyayoさんがこの「どっこいしょ喫茶」のイベントとしてボランティアでギター演奏することになり、私にも声を掛けていただきました。


<どっこいしょ広場@ベルビア1階 2017年9月8日12:55>

ボランティア演奏会は9月8日(金)午後で、メインの演奏者はyayoyayoさんで、私はサブとしての演奏です。

<ボランティア演奏開始前にyayoyayoさんの挨拶 9月8日13:20>

「どっこいしょ喫茶」は午後1時から始まり、ボランティア演奏会は1時20分からyayoyayoさんの挨拶で始まりました。

この日のプログラムは次の通りです。

《「ギターの響き」(ギター愛好家グループ)による演奏会》

♬yayoyayoさんとPoranの二重奏♬
アニーローリー   J・スコット/小胎剛編
白い恋人たち    F・レイ/ 小胎剛編

♬ギターソロ♬
ラグリマ      F・タレガ (Poran)
禁じられた遊び   A・ルビーラ (Poran)
ひまわり      H・マンシーニ/江部賢一編 (Poran)
美女と野獣     A・メンケン/江部賢一編
浜辺の歌      成田為三
椰子の実      大中寅二/毛塚功一編
涙そうそう     ビギン/小胎剛編
ハナミズキ     マシコタツロウ/竹内永和編
悲しい酒      古賀政男 (Poran)
千曲川       猪俣公章/小関佳宏編
湯の町エレジー   古賀政男/田蔦道生編
故郷        高野辰之/佐藤弘和編
(Poranと記載した曲は私のソロ、それ以外はyayoyayoさんによるソロ)

<yayoyayoさんとPoranのギター二重奏 9月8日13:25>

プログラムに沿って、yayoyayoさんとPoranの二重奏でスタートして2曲演奏し、そのあと私のソロでF.タレガ作曲「ラグリマ」と映画音楽2曲演奏しました。

<Poranのソロ演奏 2017年9月8日13:35>

あとはyayoyayoさんのソロが続き、後半の演歌の部分に入ったところで、私が古賀政男の「悲しい酒」1曲を演奏しました。

<yayoyayoさんのソロ演奏 2017年9月8日14:08>

ソロの部での4曲目、「浜辺の歌」以降は日本の歌となり、yayoyayoさんが用意してくれた歌集を配布して、ご来場の皆様に歌っていただきました。


<演奏中の「どっこいしょ喫茶」のお客様 9月8日13:53>

演奏会は約1時間でした。
料金100円で手作りおはぎ(餡ときなこ)、漬物&お茶が出て、皆さま美味しそうに食べながら、演奏を聴いていただき、また、一緒に歌っていただきました。雰囲気としてはそれなりに楽しんでいただけたように感じられました。
こちらが予想していた以上の、25名ほどのお客様が来てくださり、あまり広くない会場はほぼ満席状態。

自分としては、ギター愛好者ではない一般の人たち向けに弾くことはあまりないので、いつもとは違う刺激をいただき、こういう演奏も意外と楽しかったというのが実感です。
今回のボランティア演奏会を一人で企画し、準備してくださったyayoyayoさんに感謝です。また、yayoyayoさんはソロでも私の2倍の曲数を演奏され、これは相当なエネルギーと集中力が必要で、たいしたものだと思います。

2017年9月9日土曜日

フードドライヤー(食品乾燥機)

私の33坪の畑では、基本的に夫婦二人で食べるだけなので、いろいろな、30種類近い野菜を少量ずつ育てています。それでも収穫の時期になると食べきれないくらい採れてしまいます。どのように保存するかをいつも工夫しています。

<フードドライヤー(食品乾燥機) FD880E 2017年8月>

先日、私の畑仲間からフードドライヤー(食品乾燥機)を使うと便利だという話を聞きました。そこでAmazonで調べて、先月、ウミダスジャパン社製のフードドライヤー FD880Eを購入しました。
早速使ってみましたが、確かにこれは便利。大概のものがドライフードになってしまいます。既にいろいろなものをドライにしましたが、その内の三つを下に記載します。

(1)ドライ大根
         <私の畑の大根3本 2017年8月18日>

大根は今年は3本ずつ、約10日おきに種蒔きし、育てています。それでも、3本一度に採れると食べきれなくなります。そこで、まず最初にドライにしたのが大根です。

 <大根を輪切りにして、トレイに並べる 2017年8月16日09:35>

大根1本半分を皮をむいて輪切りにし、トレイに並べます。このフードドライヤーは4つのトレイが付いていますので一度に最大4段で乾燥されられます。

 <58度に温度設定し乾燥開始 2017年8月16日09:37>

温度は38度、48度、58度、68度の4種類の設定ができます。大根は58度に設定し、乾燥開始しました。
下から温風が吹き上げられますので、下のトレイの大根の方がどうしても乾燥が早くなります。そこで、3~4時間ごとにトレイの位置を上下交換します。

 <ドライ大根の出来上がり 2017年8月16日20:17>

合計約10時間乾燥させました。出来上がったドライ大根はジップロック小(16×14cm)に入れて、冷蔵庫で保存しました。1本半の大根がこんなに小さくなってしまうのですから、冷蔵庫の場所を取らなくて便利です。

<ジップロック小に入れたドライ大根 8月16日20:23>

ドライ大根はこれから家内が適宜料理に使ってくれる予定です。

(2)ドライバナナ
野菜ではありませんが、気に入っているのがドライバナナです。


<輪切りにしてトレイに並べたバナナ 2017年8月26日11:54>

バナナ9本を皮をむいて輪切りにし、トレイに並べました。

 <バナナの乾燥を開始 2017年8月26日11:55>

68度で温度設定し、合計12時間乾燥させました。これでもまだセミドライです。

     <出来上がったドライバナナ 2017年8月27日09:16>

一般に店で売っているドライバナナは油で揚げたり、砂糖を添加するしたりしているようです。自家製の無添加ドライバナナは甘みと旨みがそのまま凝縮され、売っているものとは別物の美味しさで、クセになりそうです。パリパリにドライにするよりも、セミドライの方が我が家の好みです。

(3)ドライトマト
ミニトマトも今私の畑では食べきれないくらい採れています。


 <収穫したミニトマトのイエローとバイオレット、そして中玉赤 9月4日>

ミニトマトのイエローとバイオレット、それに中玉赤の3種類のトマトを一緒にドライにしました。

 <トレイに並べたミニトマト 2017年9月4日09:55>

半分に切って、トレイ4段に並べました。

 <ミニトマトを乾燥中 2017年9月4日10:10>

温度は68度に設定して、合計10時間半乾燥させました。

     <出来上がったドライトマト 2017年9月4日22:43>

セミドライですが、そのまま食べても十分美味しいです。出来上がったドライトマトは家内が少しずつ料理に使ってくれています。

野菜にしても果物にしても、ドライにするとその旨みが凝縮されて、概して美味しくなると思われます。これからもいろいろなものを試してみるつもりです。

2017年9月7日木曜日

「傍/katawara」でディナー

9月3日(日)は家内と二人で、茅野市泉野の「傍/katawara」に夕食を食べに行きました。「傍」にはランチは何回か食べに行きましたが、夕食を食べに行ったのは初めてです。
この店はランチは予約不可ですが、夕食は逆に予約のみの、土・日曜日営業です。

<夕暮れ時の「傍/katawara」外観 2017年9月3日18:25>

傍/katawara」では、標高1,100mの自分の畑で無農薬・化学肥料不使用で野菜を自ら育て、それを素材として料理を作り、「農家食堂」とうたっています。ランチは蕎麦が中心ですので、範疇としては「蕎麦店」に入るのでしょう。

予約のみ受け付けでもこの晩は満席でした。人気店であることが窺えます。

<スパークリングワインとトマトビネガースパークリング 9月3日18:41>

ドリンクとして私はワイン「スパークリング濁りナイアガラハーフ」を、家内はソフトドリンク「傍のトマトビネガースパークリング」を注文しました。「傍のトマトビネガースパークリング」はトニックに自家製トマトピクルスが入っており、私もちょっと味見しましたが、やや辛口で、飲み口は良かったです。

<傍のアラカルト食事メニュー 2017年9月3日

夕食はコースメニューはなく、「tonight's menu」の中からアラカルトで注文します。
いろいろなものを食べてみたいので、我々は一品ずつ注文し、二人でシェアーしました。
食べたものは次の通りです。

 <エビのプチ茶碗蒸し>

ここは自家製野菜を使ったメニューが多く、それが特徴でもありますが、我が家も自分で野菜を作っていて、今はイヤと言うくらい毎日野菜を食べています。それで、野菜以外の料理を中心に食べました。

 <信州牛の串揚げ>

 <ジューシーチキン&たっぷりグリル野菜>

 <焼きつくね w/ スパイシーKWENソース>

 <とり天 w/ 夏野菜のスパイシーサルサ>

ここは本来蕎麦店でランチでは蕎麦が人気の店なので、最後に蕎麦を食べるつもりでいました。しかし、ここまで食べたらお腹がいっぱいになってしまいました。それで、二人ともコーヒーをいただいてフィニッシュとしました。

<ホットコーヒー>

アラカルト料理はどれも美味しく、ここはやっぱり味のセンスが良いなと思いました。
この店は今月5日で開店3周年だそうです。
観光地周辺でよくある「リゾート価格」ではなく、値段はどちらかと言えば庶民的で、ちょっとお洒落な雰囲、そしてこの味であれば、開店3年にして人気が定着してきていることも頷けます。

2017年9月4日月曜日

第37回「クラシックギター弾き回し練習会」のご案内


第37回「クラシックギター弾き回し練習会」を11月11日(土)に開催しますので、ご案内します。次回は、去年11月の第32回目と同じく、上田市のカフェ&スペインバル「アランフェス」で行います。

詳細は「クラシックギター弾き回し練習会のブログ」に記載してありますので、ご参照ください。→https://hikimawashi.blogspot.jp/2017/09/blog-post.html



2017年9月2日土曜日

ばね指(腱鞘炎)の手術無事成功

7月28日(金)に左手中指のばね指(腱鞘炎)の手術をし、無事快復中です。
以下はその自分自身の記録です。

<左手中指のロッキング状態(ばね指) 2017年7月27日>

私の左手中指にばね指(ロッキング)の症状が出たのは4月に1ヶ月近くの間オーストラリアを旅行していた時のことです。夜寝ている間に上の写真のように左手中指が折れ曲がって固まってしまう症状(ロッキング)が頻繁に出るようになりました。

4月末に帰国後、ギターの練習を再開しましたが、ロッキング症状は昼間も時々出るようになり、更に左手中指の付け根の辺りに痛みが出てくるようになりました。
ロッキング症状と共に、左手中指のみを伸ばそうとしても、少し曲がったままで真っすぐにならなくなっています(下の写真)。

<まっすぐ伸びない左手中指 2017年7月27日・手術前日>

私の長野県のギター仲間のМさんに相談したところ、須坂市の湯本整形外科の事を教えてくれました。Mさんは両手の指10本の内、8本をばね指で既に手術しているという強者(?)です。最初の2本は近所の整形外科医で普通の手術法で手術してもらい、3本目以降は湯本整形外科で手術してもらったそうです。通常の方法で手術した最初の2本は2cmほど切開したため、切開痕が今でもはっきり残っています。3本目以降の湯本整形外科で手術してもらった指は独自の手術法のため、見ても切開痕が分かりません。

<湯本整形外科医院 2017年6月23日撮影>

その後、ギターの練習時間を減らしながら様子を見ていましたが、ばね指の症状は悪化する一方です。
他のギター仲間でばね指を手術した人に聞いても、「ばね指は手術すれば治るよ。悩んでいても治らないよ。」と言われます。

そこで意を決して、6月23日(金)に須坂市の湯本整形外科を訪ね、診察してもらいました。我が家から湯本整形外科までは車で高速道路を使わずに、山を二つ越えて約2時間20分です。その結果、手術してもらうことになりました。
一番近い手術予定の空いている日ということで、手術日は7月28日(金)に決まりました。湯本先生は「2mm切開ばね指手術」という、自身の開発した独自の優れた技術を持っており、全国、遠方からも手術を受けに訪ねてくるようです。

<手術直前の左手 ~切開場所に丸印 2017年7月28日14:41>

7月28日は午後に手術が行われました。まず、手のひらの切開するする場所にマジックで小さな丸を書いて、X線撮影を行い、その箇所にテープを貼りました(上の写真)。
手術は手のひらに局所麻酔薬を注射した後、2mmの大きさで皮膚切開して、エコー装置で場所を確認し、これも独自に湯本先生が開発した特殊な細い用具で1回で腱鞘が切開されました。手術作業は全部で30分もかかりませんでした。

手術について詳しく知りたい方は湯本整形外科のホームページの中の次の動画をご参照ください。私の手術もこの動画と全く同じです。
→ 「症例4.女性54才、左中指ばね指 #1447」 

<手術後に軟膏付きガーゼを当てて包帯固定した左手 2017年7月28日>

手術翌日から早速、運動療法を始めました。手術後も指の第2関節(PIP関節)が曲がって平らに伸びないままになっているためです。これは指には屈筋腱が2本あり、この2本の癒着が術前・術後にわたって続くためだそうです。

<運動療法~まず温湯に約10分間手を浸けます 7月29日>

ガーゼと包帯を取った後、お湯に手を約10分間浸けてから、指の関節を伸ばしたり、曲げたりします。運動療法により術後の機能の回復が早まるとのことです。

<運動療法~第2関節と第3関節を伸ばしたり、曲げたりします 7月29日>

手術翌日の手を見ると、マジックで書いた小さな丸印は残っていますが、その中の切開痕はよく見ると分かる程度です。

<手術翌日の包帯を取った左手 2017年7月29日15:53>

翌日から楽器の演奏を再開しても差し支えないとの事でしたので、早速ギターを弾いてみました。F.タレガ作曲「ラグリマ」を弾いてみましたが、一応支障なく弾くことができました。
手を切開手術して、翌日にはギターを弾けてしまうのですから、すごい手術の技術だと私には思えました。

<手術翌日にギターを弾く 2017年7月29日16:37>

左手中指の関節を伸ばしたり曲げたりする運動療法はその後もほぼ毎日続けました。

手術1ヶ月後に病院に電話してくださいと言われていたので、8月30日に病院に電話し、湯本先生に1ヶ月経過後の状況を説明しました。ギター演奏にも日常生活にももう支障はありませんが、左手中指第2関節のこわ張りはまだ若干残っていて、完全に真っすぐには伸びません。湯本先生によると、この関節のこわ張りの解消期間としては3週間で消える人もいるし、6か月かかる人もいて、個人差が大きいとの事です。私の快復経過状況は特に問題はなく、OKとのお話でした。

<手術1か月経過後の左手 2017年8月28日>

上の写真は手術1ヶ月経過後の私の左手の写真ですが、手術の切開痕は注意してみてももう殆ど分かりません。
今は安心してギターの練習ができるようになりました。私にとってはとても有り難い手術でした。

(追記: 遠方からの人がばね指の手術を受けたい場合には、まず湯本整形外科に電話し、湯本先生に症状などを説明し、相談して、手術が必要だということになれば、手術日の予約を取ります。予約の日時に病院を訪問し、手術自体は30分もあれば済みます。後は、自宅で翌日から運動療法(指のリハビリ)をします。1ヶ月経過後に病院に電話し、湯本先生に経過状況を説明し、特に問題ないとなれば、それで全て終了です。1回の病院訪問で治療は済みます。)

2017年8月29日火曜日

小説『マチネの終わりに』


作家・平野啓一郎の小説『マチネの終わりに』を読み終えました。

4月にオーストラリアに旅行に出掛ける際に、往復の飛行機の中の時間つぶしに何か本を持って行こうと考え、話題になっていて、主人公がクラシックギタリストだという点に興味を持ち、『マチネの終わりに』のkindle本(電子書籍)をAmazonで購入して、ダウンロードしました。

<小説『マチネの終わりに』表紙~ iPad mini で>

結局、『マチネの終わりに』は帰りの飛行機の中で、iPad mini で初めの部分を少し読んだだけでした。帰国後はバタバタしていて、そのままになっていましたが、最近になって時間ができて読み始めたら、面白くなって、一気に読み通しました。

      <小説『マチネの終わりに』目次~ iPad mini で>

私は若い頃から小説はあまり読む方ではなく、最近はますます読まなくなっています。私はどちらかと言えば「非文学的人間」なのでしょう。その私が一気に読み進んでしまったのですから、この小説はよほどストーリー展開がうまく、惹き付ける力があったのだと思われます。

場面が東京、パリ、ニューヨークのマンハッタン、バクダッドなど、世界各地を移り進んで行く点も私の興味を惹き付けました。ニューヨーク・マンハッタンには20年以上前ですが勤務していたことがあり、パリには個人旅行ではありますが1週間ほど滞在したことがあるので、リアリティーを持って読むことができました(さすがにバクダッドには行ったことはありません)。

また、主人公の蒔野聡史が天才的なクラシックギタリストであって、ギター演奏に関わる話やクラシックギターの名曲の話題がたくさん出てきますので、クラシックギター愛好者にとってはこれは堪えられない魅力です。

<ギタリスト・福田進一氏/宿泊コンサートにて 2015年10月10日>

作者・平野啓一郎氏はこの小説の構想の段階から、日本を代表する世界的ギタリスト、福田進一氏に相談し、話を聞いていたそうです。小説の主人公のギタリスト蒔野聡史がパリ国際ギターコンクールで優勝している人物だと冒頭で書かれている点から、同じくパリ国際で優勝している福田氏を、読みながら私は連想してしまいました。

私は縁あって、10年近く前から毎年一度、信州女神湖近くの某山荘で行われる、半ばプライベートな福田進一氏の宿泊コンサートに参加しています。ここでは福田氏のギター・コンサートの後、せいぜい30人ほどの聴衆参加者は夕食懇親会を行い、夜遅くまで福田氏を含めてお酒を飲んで懇談します。

image from www.flickr.com   <福田進一氏を囲んで/宿泊コンサート後の夕食懇親会 2010年6月5日>

そんなこともあって、この小説を読みながら、私は主人公・蒔野聡史にダブらせて、福田氏だったらこの場合はどうなんだろうか、などと想像したりしました。しかし、主人公・蒔野聡史と福田氏は実際かなり違っていますし、作者・平野啓一郎も福田氏も対談の中などで述べているように、蒔野聡史に特定のギタリストのモデルがあるわけではなく、フィクションの人物ということです。

<CD『マチネの終わりに』~ 福田進一演奏>

この小説の出版後、小説とのタイアップCD『マチネの終わりに』がリリースされました。小説に登場するギター曲の中から福田進一氏と平野啓一郎氏が選曲し、福田氏による演奏を集めたものです。
小説の読了後、早速CDを購入して聴きましたが、聴きながら小説の場面が蘇り、小説に音による彩が添えられて、もう一度楽しめる感じがしました。小説とクラシックギターCDのおもしろいコラボレーションだと思います。