2018年7月12日木曜日

「どっこいしょ喫茶」ボランティア・ギターコンサート

7月8日(日)はギター仲間に誘われて、茅野駅前、西口商業ビル「ベルビア」の1階の「どっこいしょ広場」にて『どっこいしょ喫茶』ギターコンサートに参加して、演奏しました。yayoyayoさん(主宰者、茅野市)、あっこちゃん(岡谷市)と私の3人でのボランティア演奏です。

某グループがベルビア」の休憩スペースである「どっこいしょ広場」にて、毎月8日の午後にボランティアで『どっこいしょ喫茶』を運営しており、我々に声を掛けていただきました。ここでの演奏は去年9月に続いて2回目となります。


<ベルビア1階の「どっこいしょ広場」 2018年7月8日>

午後1時少し前に「どっこいしょ広場」に着くとボランティアの皆様が手作り焼き菓子のケーキと紅茶(両方で代金100円)を用意して、既にセッティングをしてありました。

予定よりちょっと早く、1時20分頃演奏開始となりました。


Poranとyayoyayoさんの二重奏 2018年7月8日13:23>

この日のプログラムとしては、まず、

♬映画音楽をギター二重奏でお楽しみください♬(演奏:yayoyayo、Poran)として、
   白い恋人たち (フランス・レイ作曲)
   エーデルワイス (リチャード・ロジャース作曲)
   グリーンスリーブス (イギリス民謡)

<Poranのソロ演奏 2018年7月8日13:33>

次は、
♬名曲をソロと二重奏で演奏いたします♬ ~として、私のソロで
  映画「 ひまわり」のテーマ曲(ヘンリー・マンシーニ作曲)


<yayoyayoさんのソロ演奏 2018年7月8日13:38>

yayoyayoさんのソロで、
   アルハンブラの思い出(フランシスコ・タレガ作曲)

<「どっこいしょ喫茶」で演奏中~yayoyayoさん 2018年7月8日>

3人目はあっこちゃんのソロで、
⑥ 映画「禁じられた遊び」のテーマ曲(アントニオ・ルビオ作曲)

<あっこちゃんのソロ演奏 2018年7月8日13:40>

そして、yayoyayoさんとあっこちゃんの二重奏で、
⑦ G線上のアリア(J.S.バッハ作曲)

<あっこちゃんとyayoyayoさんの二重奏 7月8日13:48>

次は、
♬ギターの伴奏で歌いましょう♬ ~として、配られた歌詞カードを使って一緒に歌っていただきました。(yayoyayoさんとあっこちゃんの二重奏)
   となりのトトロ(久石譲作曲)
⑨ 未来予想図Ⅱ (吉田美和作曲)
⑩ 糸    (中島みゆき作曲)

<Poran、あっこちゃん、yayoyayoさんの三重奏 7月8日14:00>

最後は、yayoyayoさん、あっこちゃん、私の3重奏で、
⑪ 花は咲く(菅野よう子作曲)
そして、アンコールは、瀬戸の花嫁(平尾昌晃作曲)でした。

私が1曲だけ弾いたソロでは予想外に指がもつれる場面がありましたが、二重奏、三重奏はこちらも楽しんで弾くことができました。
アンコールの小柳ルミ子の「瀬戸の花嫁」ではお客様にも声を合わせて歌っていただけましたし、聴きに来ていただいた皆様にもそれなりに楽しんでいただけたのかなと思います。

私は普段はクラシックギター・マニア同士で弾いたり、聴いたりすることが多いですが、このような一般の人向けの演奏会も良い経験になりますし、いつもとは違った楽しみを感じます。

2018年7月4日水曜日

ぱん屋「カルパ」

我が家が最近、時々パンを買いに行くようになったのが茅野市湖東のパン屋「カルパ」(Kalpa)です。
カルパ」は長野県産の小麦と自家製酵母を使ったパン屋で、去年の8月にオープンしたばかりです。

<「カルパ」のパン類 2018年6月28日12:12>

茅野市や蓼科周辺のパン屋はソフト系のパンが多いのに対し、この店のパンはヨーロッパ風のハード系です。カンパーニュやフォカッチャは表面は硬め、中はもっちりしていて、気に入っています。
あんパンやクリームパンなどの甘味系のパンは今のところ、ありません。パンそのものの味で勝負という感じです。

<「カルパ」の店内 2018年6月28日12:12>

東京都ご出身だという若いご夫婦が経営されており、ご主人はこの店を開く前は、上田市内の人気ベーカリーで修業されていたそうです。

店内はご主人が自分で改装され、テーブルや椅子も自作だとのこと。

<ぱん屋「カルパ」外観 2018年6月28日12:17>

「Kalpa」とはサンスクリット語で宇宙の始まりから終わりまでの間を意味するのだそうです。
場所は湖東の住宅街の中にあるため分かりにくいですが、車のナビに住所(茅野市湖東8777-1)を入れて、無事に行くことができました。
個性のあるパン屋で、我が家にとって周辺にパンの選択の幅が広がるのは有り難いです。

2018年6月29日金曜日

「どっこいしょ喫茶」ギターコンサートのご案内

茅野駅前、西口の商業ビル「ベルビア」の1階の「どっこいしょ広場」にて『どっこいしょ喫茶』ギターコンサート(ボランティア演奏会)が開催されますので、ご案内します。私もギター仲間に誘われて、参加してギターを演奏する予定です。

「どっこいしょ広場」は茅野駅前の商業ビル「ベルビア」の1階の休憩スペースです。某ボランティアグループが毎月8日の午後にここで手作り菓子&お茶を100円で提供する『どっこいしょ喫茶』を運営しています。その日には来客に楽しんでいただくために音楽やマジック等のイベントを併せて企画しており、ここに出演することになりました。


<ベルビア1階の「どっこいしょ広場」 2017年9月8日>

ギターコンサートの概要は次の通りです。ご興味のある方は是非聴きにいらしてください。

《「ギターの響き」(ギター愛好家グループ)による演奏会》

*場所:どっこいしょ広場
    茅野市ちの3502−1 ベルビア1階
*日時:7月8日(日)午後1時~3時
    ギター演奏は午後1時30分頃~2時30分頃を予定
*入場料:無料
     おやつとお茶が100円で提供されます
*出演:yayoyayo  (茅野市、女性)
    あっこちゃん(岡谷市、女性)
    Poran    (茅野市、男性)
    ~全員アマチュアのクラシックギター愛好者
*演奏曲目:(演奏順番は未定)
♬ギター二重奏♬ (yayoyayo & Poran)
 ・イギリス民謡        「グリーンスリーブス」
 ・リチャード・ロジャース作曲 「エーデルワイス」
 ・フランシス・レイ作曲    「白い恋人たち」
♬ギター二重奏♬ (あっこちゃん & yayoyayo)
 ・J.S.バッハ作曲  「G線上のアリア」
 ・久石譲作曲      「となりのトトロ」
 ・吉田美和作曲     「未来予想図Ⅱ」
 ・中島みゆき作曲    「糸」
♬ギター三重奏♬ (yayoyayo、あっこちゃん、Poran)
 ・菅野よう子作曲    「花は咲く」
♬ギターソロ♬
 ・ヘンリー・マンシーニ作曲 映画『ひまわり』のテーマ曲 ~Poran
 ・フランシスコ・タレガ作曲 「アルハンブラの想い出」  ~yayoyayo
 ・作者不詳         映画『禁じられた遊び』のテーマ曲 ~あっこちゃん

<2017年9月8日の「どっこいしょ喫茶」コンサートの様子>

「ギターの響き」(ギター愛好家グループ)によるここでのコンサートは去年の9月に続いて2回目です。今回は二重奏の映画音楽をメインに、一緒に歌っていただける曲も用意しています。
多くの皆様のご来場をお待ちしています(予約不要)。

2018年6月27日水曜日

原村マーケット「スークスーク」と恵泉蓼科ガーデン

24日(日)は家内と二人で原村のお山の市場「スークスーク」と恵泉蓼科ガーデンのオープンガーデンを見に行ってきました。

まず、昼頃、シクラメン栽培ビニールハウスを利用して開催された、原村の「スークスーク」(SouqSouq)に車で行きました。

<お山の市場「スークスーク」入口付近 2018年6月24日12:06>

モロッコの迷宮都市にある市場「スーク」Souq)や台湾の「夜市」のように、にぎやかで何でもあって元気にあふれて、夜遅くまで楽しく飲んだり食べたりできるマーケットを開こうとの目的で、6月22日(金)晩から24日(日)夕方まで開催されていました。今年は6回目とのことですが、我々は初めて行きました。

<移動販売車エリア ~左は「THE SEASON」の車 6月24日12:15>

タイや沖縄など南国系の料理の屋台がたくさん出ていましたが、我々は「FOOD TRUCK THE SEASON」でキューバサンドウィッチを食べました。なかなか美味しかったです。

「THE SEASON」のキューバサンドウィッチ 6月24日12:18>

ビニールハウスの中にはいろんな雑貨店やクラフトショップなどが出ていました。

<「スークスーク」ビニールハウス内の雑貨店など 6月24日12:44>

家内は甘味店であんみつも食べました。これも美味しかったと言っていました。

このマーケットは若い人達が中心になって企画しているようで、店を出している人達も若い年代が多く、自分たちも明るく、楽しんでいるように見受けられました(下の写真)。

<「スークスーク」内甘味店であんみつを買う 6月24日12:51>

原村や富士見町周辺は若い世代の住民が比較的多く、マーケットのお客さんも小さなお子さん連れのファミリー層がたくさん来ていました。

会場の南側にはセロリの畑が向こうまで広がっています。富士見パノラマスキー場がある入笠山(にゅうかさやま)を背景に一面の緑がきれいでした。

<原村のセロリ畑/向こうは入笠山 2018年6月24日13:04>

その後は三井の森蓼科別荘地エリア内にある恵泉蓼科ガーデンに行きました。
恵泉蓼科ガーデンは標高1,150mの高原にあり、3,200坪の広さがあります。東京の恵泉女学園大学社会園芸学科の学生のための研修・実習施設で、普段は一般公開されてはいません。
今年はこの日、6月24日(日)と8月14日(火)の二日のみがオープンガーデンの予定日で、地域に向け公開されます。

<恵泉蓼科ガーデンの玄関 2018年6月24日>

北側にあるガーデンの玄関から、一人800円の入場料を払って入りました。800円の入場料はこのガーデンを維持・管理するための寄付のようなものだという感じです。

<蓼科ガーデン全体図 2018年6月24日>

入ると、ガーデン長小澤文子さんの説明によるガーデンツアーがちょうど始まったところだと聞き、直ぐに我々も追いついて合流しました。

<ピンクボーダーガーデンに咲く花 2018年6月24日>

ガーデン内はとても良く手入れされていました。

<ハーブガーデン 2018年6月24日>

歩く所は一部石畳もありましたが、大半は芝生でした。その点も心地良いです。

<バラ園と、正面にメモリアルライブラリー 2018年6月24日>

この時期はバラ類がたくさん咲いていました。

<バラ園に咲くバラ 2018年6月24日>


<ホワイトボーダーガーデンと大きな西洋菩提樹 6月24日13:44

小澤文子ガーデン長はガーデン内を一周して、とても詳しく、丁寧に説明してくださいました(上の写真)。

<ロックガーデンと説明する小澤ガーデン長 6月24日13:52>

最後に見たロックガーデンは八ヶ岳山麓の自然の岩などを生かし、ここのみ日本的な味わいがありました。私としてはここが一番気に入りました。
三角錐の形をした、白みがかったコロラドトウヒが八ヶ岳らしい雰囲気を出していました。

<研修棟の前のバラなど 2018年6月24日14:42>

初めて入りましたが、八ヶ岳山麓、蓼科高原に自生する木々を生かし、落ち着いた、素敵なガーデンでした。

(上記以外のガーデンの写真についてはブログ「ガラスに魅せられて」の記事『恵泉蓼科ガーデン』をご覧ください。)

2018年6月23日土曜日

手打ち蕎麦「12ヶ月」

20日(水)は用事があって家内と山を下り、お昼に茅野市豊平南大塩の手打ち蕎麦「12ヶ月」に寄りました。

<手打ち蕎麦「12ヶ月」の入り口付近 2018年6月20日>

この店は外からはただの古い民家のように見え、看板も小さくて分かりにくく、隠れ家風の蕎麦店です。
しかし、去年12月に開店しわずか半年なのですが、口コミで知られているようで、平日に行っても結構お客さんが入っています。

<手打ち蕎麦「12ヶ月」のメニュー 2018年6月20日>

この日は家内も私も「12ヶ月デザートセット」を注文しました。

<「12ヶ月デザートセット」の前菜 2018年6月20日>

まず、前菜が出ました。前菜には蓮根白酢かけ、鰹の竜田揚げ、うぐいす寄せ、だし巻玉子が乗っています。

<手打ちせいろ蕎麦 2018年6月20日13:26>

せいろ蕎麦は八ヶ岳山麓産のそば粉を使っているそうです。細打ちの蕎麦は適度な腰があって、おいしいです。
数年前に閉店した、私の好みの蓼科高原の店だった「蕎茶寮・いけ野」の蕎麦と味わいが似ている感じがします。

<デザート盛合せ 2018年6月20日13:40>

デザート盛合せは、梅酒のシフォンケーキ、焼きプリン、ヨーグルト・甘夏ジャムでした。

<手打ち蕎麦「12ヶ月」の店内 ~厨房付近 2018年6月20日>

古民家を改造した店内は柱や梁がむき出しになっていて、木のぬくもりが感じられる雰囲気です。

若いご夫婦が経営されていますが、ご主人は蓼科高原の某人気高級割烹旅館で料理人をされていたそうです。
近くに手頃な美味しい蕎麦店ができるのは有り難いことです。

2018年6月18日月曜日

レタス類の収穫期

昨日は梅雨の晴れ間でしたので、午後に畑に行って、作業をしました。

<植え付け、種蒔きが一通り終わった畑 2018年6月17日>

私の畑では苗の植え付けや種蒔きは一通りもう終えて、レタス類などの葉物野菜は収穫期に入っています。レタス類は夫婦二人で食べる分だけの葉をちぎって採ってきます。

<レタス類など葉物野菜の畝 2018年6月17日15:38>

昨日は、緑色系レタスとしてグリーンリーフレタス、トロピックグリーン、バタビアグリーン、赤色系レタスとしてサニーレタス、ロロロッサレッド、それから、ベビーリーフ、パセリ、イタリアンパセリ、シソ、と9種類の野菜を採ってきました。

家内がこれらの葉物野菜を使って生野菜サラダにしてくれます。
無農薬の採れたて自家製野菜は一番おいしいです。

<自家製生野菜サラダ 2018年6月17日18:25>

ところで、ズッキーニも小さな実を付けて、花を咲かせ始めました。まもなくズッキーニも収穫できそうです。

<咲き始めたズッキーニの花 2018年6月17日15:43>

今年は去年までと比べて、借りている畑の大きさを半分(16.4坪)に減らしました。
しかし、植える野菜の量を減らしましたので、野菜の種類数は今までとほとんど変わりません。今年これまでに植え付け、あるいは種蒔きした野菜は次の通りで、全部で24種類です。

<今年これまでに植え付けまたは種蒔きした野菜>
[果菜類]キュウリ、ナス、ズッキーニ、枝豆、食用ほうずき、ピーマン、パプリカ、シシトウ、オクラ、トマト類、カボチャ(ながちゃん)、落花生(12種類)
[根菜類]ジャガイモ(アンデス)、大根、カブ、ラディッシュ、ニンジン(5種類)
[葉菜類]ベビーリーフ、サニーレタス類、リーフレタス類、シソ、パセリ、イタリアンパセリ、バジル類(7種類)

2018年6月17日日曜日

大道寺ひろ子ピアノコンサート@優しい時間

昨日は女神湖近くのペンション「優しい時間」での大道寺ひろ子ピアノコンサート『ピアノとソロの室内楽の楽しみ Vol.16』を聴きに行きました。

<ペンション「優しい時間」外観 2018年6月16日13:46>

大道寺ひろ子さんのピアノコンサートは最近は毎年一度6月にここで開かれており、私はほぼ毎年聴いています。
今回は教え子のエレクトーン奏者、米山秀代さんと、同じくピアノの今野恵子さんが参加されました。

<ピアノ大道寺ひろ子さんとエレクトーン米山秀代さん 6月16日>

第一部で米山秀代さんのエレクトーン伴奏で大道寺ひろ子さんが弾かれたガーシュウィンのラプソディー・イン・ブルーでは、エレクトーン1台でオーケストラの雰囲気がよく出ていて、熱演で楽しめました。

  <『ピアノソロと室内楽の楽しみ Vol.16』プログラム 2018年6月16日>

大道寺ひろ子さんの持ち味は第二部のピアノ・ソロでさらに発揮されました。
大道寺さんの奏でるピアノはいつもそうですが、透き通るようなきれいな音色です。

<大道寺ひろ子さんのピアノソロ 2018年6月16日15:33>

私はピアノ演奏の専門的なことは分かりませんが、モンポウの曲においてもフォーレの曲においても、彼女のピアノはいつも私の身体に心地良く響いてきて、聴いている間を幸せなひと時にしてくれます。
これは技術の高さとか音楽の正確さとは次元の違う、もって生まれたセンスのようなものがあるのだと私には思えます。