2009年12月26日土曜日

ギターソロの練習と本番



今年ももうすぐ1年が終わろうとしています。


私は自分が人前でギターソロを演奏した内容をExcelの表に記載し、記録しています。そこで、今年の分を集計したところ、今年1年間で人前でクラシックギターを弾いた回数は合計18回でした。その内、国分寺のライブハウス「クラスタ」での演奏が13回でした。1年間で弾いた曲は全部で12曲です。同じような曲を何回も弾いていたわけです。




私が人前でギターソロを弾くようになってから暫くして、家の練習の時にいくらうまく弾けてもそれは実力ではない、人前でどれだけ弾けるかが実力だ、ということに気がつきました。ゴルフで言えば、家でギターを練習しているのは打ちっ放しゴルフ練習場でボールを打っているようなもので、人前で演奏するのがゴルフコースに出て本番ワンラウンドを回ることだと言えるでしょう。


そういう私はゴルフは現役の時にお付き合いで渋々下手なゴルフをやっていて、ワンラウンド100を切ったことは滅多にないというレベルでした。退職後は一部の例外を除いてはゴルフをやめてしまいました。

しかし、ゴルフでも月に1回程度はコースに出てプレイしないとレベルは維持できないし、上達は難しいと思います。それと同じで、ギターソロ演奏の場合も月に1回程度は人前で弾く機会を持たないと、慣れてこないし、向上は難しいでしょう。「クラスタ」は私にとって良い実践練習の場でした。

問題は今年の7月から私は蓼科の山荘にほぼ定住になり、東京に帰る機会が減ったことです。東京近辺にはアマチュアがギターソロを弾く場所は何箇所かあります。しかし、どこの地方の町も似たようなものでしょうが、蓼科、茅野方面に来ると、アマチュアがソロを弾くチャンスは非常に少なくなります。今年1年間で私が蓼科でギターソロを弾いたのは喫茶「陶仙房」の1回だけです。

高原の山荘でギターを弾いていても、聴いてくれるのは鹿と狐くらいのものです。こちらでソロの実践練習の場をどう持つかがこれからの課題になりそうです。

ソロ演奏/蓼科の喫茶「陶仙房」にて 2009年9月5日 by Poran111

2009年12月22日火曜日

寒波の後の蓼科山


昨晩、近くの温泉に行った帰りの車の中で、夜7時頃車載の温度計を見るとマイナス12度でした。昨夜は特に冷え込み、厳寒期の寒さでした。


今日昼間は寒さもちょっとだけ緩み、寒波は峠を越したようです。


いつもランディと歩く、我が家の近くの散歩道から見える蓼科山はこの寒波で雪を冠って、真っ白になっていました。 


散歩道から見た蓼科山 2009年12月22日 by Poran111
                           散歩道から見た蓼科山 2009年12月22日, a photo by Poran111 on Flickr.

2009年12月19日土曜日

寒波襲来


この冬最初の強い寒波がやってきました。
今朝起きて、雨戸を開けると、周りは真っ白な雪景色になっていました。雪は10センチ程積っています。朝7時のベランダの温度計は零下8度を示していました。


寒波が来た山荘庭 2009年12月19日8:58 by Poran111

今日はたまに日がさしましたが、ほとんど一日曇りで、時折雪がぱらつきました。昼間でも気温は零下5度までしかあがりません。この冬一番の寒さです。

この雪で近くのスキー場は一息ついていることでしょう。



ランディは散歩すると、ふかふかした新雪の上を飛びはねていました。山の寒さにもだいぶ慣れてきたようです。  

2009年12月16日水曜日

12月の雪



一昨日また降った雪は、昨日、今日と昼間の気温が上がらないため、あまり溶けずに残っています。明日から寒気が来て、週の後半は雪が続くようです。
どうもこの雪は、このまま春まで溶けずに、根雪になって行くかもしれません。


別荘地と蓼科山 2009年12月16日15:29 by Poran111


上の写真は、いつもランディと一緒に散歩するコースから、今日午後見た蓼科山です。

2009年12月12日土曜日

昨日の積雪

積雪後の別荘地内道路 2009年12月12日9:12 by Poran111

昨日、11日 (金)は朝から湿った雪が降り続いていましたが、夕方には気温が上がり、弱い雨に変わりました。
普段でしたら夜に降った雪は朝には凍りついているのですが、今朝は異常なくらい暖かく、山荘周辺の気温は氷点下に下がらず、雪はべちょべちょ状態でした。


午前中、ランディと家内と3人で別荘地内を散歩しました。写真は標高1,650メートル位の所です。



2009年12月11日金曜日

益田正洋氏によるトーレス・ギター試奏会@山野楽器


12月6日(日)に銀座の山野楽器本店で『19世紀にタレガが弾いていたギターの音色を聴いてみよう!』と題するギター試奏会があるということを知り、他にも寄りたいところがあったので、都心まで行きました。

image from www.flickr.com          銀座歩行者天国と山野楽器(左) 2009.12.6

山野楽器本店は歩行者天国で賑わう銀座の三越の向かい側にあります。 隣にはミキモトのクリスマス・ツリーが飾られ、大勢の通行人が携帯などで写真を撮っていました(下の写真)。

image from www.flickr.com           山野楽器(左側)とミキモトのクリスマスツリー

山野楽器本店では『F.タレガ没後100年記念スペシャルセール!』を行っていて、この日は、当時タレガが使用していたと言われるアントニオ・デ・トーレスによる1889年製作のギターと今井勇一氏製作のトーレス・レプリカのギターの2本をギタリスト益田正洋氏が弾き比べるというイベントを行っていました。

山野楽器には午後2時半頃着きましたが、3時から7階特設会場で新進若手ギタリストである増田正洋氏によるギター試奏会が始まりました。

image from www.flickr.com               益田正洋氏/現代ギター09年3月号表紙

まず、現代日本のギター製作家である今井勇一氏製作のトーレス・レプリカを使って、ヴィラ=ロボスの「前奏曲第一番」を弾きました。次に、今度は1889年トーレス製作ギターを使って、F.タレガの「前奏曲第一番」を弾きました。その後も今井勇一氏ギターとトーレス・ギターを使い分けて、全部で5曲(下記)を20分余にわたって益田氏は弾きました。

聴いていて、トーレス1889年製作ギターは深い味わいのある音がしました。音の遠達性はイマイチかもしれません。音量は今井勇一氏ギターの方が出ているような気がしました。トーレス・ギターはセゴビア・トーン(巨匠アンドレス・セゴビアの出した独自の美しい音色)に近い、味のある音色、響きだと思いました。私の好みは明らかにトーレス・ギターです。また、クラシックギターには寿命があり、普通は何十年かすると音が鳴らなくなると私は聞いていましたので、製作後120年も経つこのギターがいまだに綺麗な、味のある音を出すことに驚きました。名人の製作したギターは100年以上経ってもまだ弾き続けることができるということのようです。

なお、新進の注目されているギタリストだけあって、益田氏の演奏は技術も音の出し方も見事でした。機会があれば、益田氏のリサイタルをゆっくり聴いてみたいと思います。

<益田正洋氏による演奏曲目>
ヴィラ=ロボス 「前奏曲第一番」
F.タレガ    「前奏曲第一番」
〃       「アラビア風奇想曲」
〃       「アルハンブラの想い出」
ヴィラ=ロボス 「練習曲第一番」

また、この日は7階特設会場に展示されているクラシックギターは希望すれば試奏させてくれました。私はまず、現在の日本を代表するギター製作家の一人である桜井正毅氏製作のギターModel Special(定価588,000円)を頼んで、試奏させてもらいました。良く鳴り、綺麗な音が出て、十分楽しめるギターでした。弾いていたら、店の人が桜井正毅氏製作のパリコンモデル(定価735,000円)を、次に桜井・河野製Model Maestro(定価1,050,000円)を出してきて、弾かせてくれました。やはり上のモデルは更に音のバランスが良い感じがしました。これらのギターは今回の『スペシャルセール!』のために製作されたばかりだそうです。普通手製のクラシックギターは5年、10年と弾きこむに従って良く鳴るようになりますから、これらのギターは今後弾きこまれれば更に音量、味などが良くなってくるでしょう。桜井氏のギターを弾いてみて、日本の製作家でこれだけの良いギターがあるのであれば、わざわざ輸入物のギターを買う必要はないのでなないか、と私は思いました。

しかしながら、私は今は新しいギターを買う予定はありません。当面は私の愛用する中出阪蔵1976年製作のギターを、故障がない限りは弾いて行こうと思います。

2009年12月9日水曜日

井上陽水スペシャルライブ


12月4日(金)晩は家内と日本武道館に井上陽水『40th Special Thanks Live in 武道館』を聴きに行きました。
今まで井上陽水のコンサートを聴きに行きたいと思い、何度も申し込みをしましたが、一度もチケットを取れたことがありませんでした。今回チケットぴあのネットで申し込んで初めてチケットを取れました。会場が武道館で席数が多いから取れたのかもしれません。


日本武道館 2009年12月4日 by Poran111
              日本武道館 2009年12月4日, a photo by Poran111 on Flickr.

開場時間の5時半直前に武道館に着くと、全席指定席なのに入場を待つ人達が既に大勢並んでいました。6時半の開演時間になると、約14,000人を収容する武道館は2階の最後列までぎっしり埋まり、満席状態でした。


今回は井上陽水のデビュー40周年を記念した全国ツアー「40th Special Thanks  Tour」の追加公演として、15年振りに武道館でライブを行ったものです。


コンサートは「新しいラプソディー」で始まり最後の「いっそセレナーデ」まで、2時間20分にわたり22曲を歌いきりました。曲名は下記のとおりです。歌った曲のほとんど全てがヒットした曲です。並みのアーティストであれば、コンサートで歌う曲の内、ヒットした曲は2、3曲程度でしょう。これだけの曲を、伸びがあり、声量があり、時に甘い歌声でたっぷり聴くことができ、堪能しました。


心もよう 井上陽水

懐かしい曲も多く含まれ、7曲目には初期の頃の大ヒット曲「心もよう」(1973年発売)をつややかな、伸びのある声で歌い始めました。この歌を聴いていると私は涙が出そうになりました。この歌は私が20代の頃、住んでいた会社の独身寮でよく聴いていました。

今回の演奏では陽水の通常のツアーは趣向を変えて、ヴァイオリンやトランペットなどの管弦楽器奏者を、バックバンドと共にをステージに置いて、小さなオーケストラの形で何曲かを歌いました。




約14,000人の聴衆と共に一体となって、3本のギター使い分けて弾き、歌う、陽水の歌声は生き生きと心に染みわたり、迫力がありました。

武道館は、ライブでなければ味わえない大観衆と共に聴く圧倒的な響きは良かったですが、専門の音楽ホールと比べると音響はイマイチです。次は、チケットが取れれば普通の音楽ホールでの陽水のライブを聴いてみたいと云うのが、家内と私の共通の意見です。
  
武道館ライブ曲目
「新しいラプソディー」
「嘘つきダイヤモンド」
「闇夜の国から」
「Makeup Shadow」
「とまどうペリカン」
「帰れない二人」
「心もよう」
「カナリア」
「飾りじゃないのよ涙は」
「リバーサイドホテル」
「ワインレッドの心」
「自然に飾られて」
「招待状のないショー」
「クレイジーラブ」
「限りない欲望」
「氷の世界」
「最後のニュース」
「少年時代」
「Happy Birthday」
「夢の中へ」
「傘がない」
「いっそセレナーデ」

(なお、この日のライブのダイジェスト版が来年1月31日午後4時からWOWOWで放送されるそうです。)

2009年12月1日火曜日

初冬の蓼科高原


11月29日(日)の夜、蓼科高原には今年3度目の雪が降りましたが、二日経った今日、12月1日(火)はもう雪は全て溶けています。


今、蓼科高原では木々は全て落葉し、幹と枝だけになっています。八ヶ岳の上の方は白く冠雪していますが、高原に根雪がたまるのにはもう少し時間が必要です。観光地としての蓼科では見るべきものはあまりなく、訪れる人が少ない時期です。今ここの別荘地に滞在している人達はほとんどが定住組です。 
image from www.flickr.com        蓼科高原と縞枯山 2009年12月1日

今日は朝から穏やかに晴れていました。上と下の写真はランディと一緒に散歩するコースから見た縞枯山(上)と蓼科山(下)です。 


image from www.flickr.com            蓼科高原と蓼科山 2009年12月1日

散歩していた時、我が家の近くの電線に大きな、ずんぐりした鳥がとまっていました。よく見るとフクロウでした。私は野生のフクロウを見たのはこれが初めてです。フクロウは夜行性ですから、昼間はあまり姿を現さないはすです。ちょっと距離がありましたが、持っていたデジカメのシャッターを押してみました。パソコンでトリミングしたら、なんとか姿が写っていました。 

image from www.flickr.com            電線にとまる梟 2009年12月1日16:06