2016年6月30日木曜日

北スペイン&ポルトガル旅行振り返り(3):レオン→アストルガ→サンティアゴ・デ・コンポステラ

6月7日(火)午後4時頃にカストロへリス村を貸し切りバスで発って、約2時間でこの日の宿泊地、レオン(Leon)に着きました。

<ベルネスガ川とレオンの街 2016年6月7日18:00>

レオンは10~12世紀にかけて栄えた旧レオン王国の首都。ベルネスガ川のほとりにあり、サンティアゴ巡礼路の大切な中継地点、宿場町にあたる街です(現在の人口約13万人)。

<パラドール・デ・レオンの外観 2016年6月7日18:13>

ここでは我々はパラドール・デ・レオン(Parador de Leon)に宿泊しました。
パラドール・デ・レオンは横100メートルにも連なり、16世紀にサンティアゴ・デ・コンポステラに向かう巡礼者用の救護院として建てられました。その後サンティアゴ騎士団の本拠地にもなり、レコンキスタ後は修道院として200年余の歳月をかけて改修されました。

<パラドール・デ・レオンの教会と回廊、中庭 2016年6月7日20:21>

パラドールに付属の教会や回廊は当時のまま残されています。

<パラドール・デ・レオンの階段と飾られている絵画 2016年6月7日22:36>

パラドールのロビーや階段はゆったりしていて、歴史を感じられる絵画がたくさん飾られています。それ自体が美術館のようです。

<パラドール・デ・レオンの宿泊した部屋 2016年6月7日18:49>

我々の宿泊した部屋も落ち着いた雰囲気でした。

<レストラン「REY DON SANCHO」@パラドール・デ・レオン 2016年6月7日20:30>

夕食はパラドール内のレストラン「Rey Don Sancho」でとりました。

ハムの前菜

ホタテ貝

ポークサーロインステーキ

上記料理の他に、グラスワイン、果物とアイスクリームのデザート、コーヒーも出て、ゆっくり、くつろいだディナーでした。

<レオンの旧市街 2016年6月8日09:39>

翌日、6月8日(水)は朝9時にパラドールを出て、レオンの旧市街を歩きました。

<レオンの・カテドラル 2016年6月8日09:41>

レオン旧市街の目玉はカテドラル(大聖堂)です。13世紀半ばから14世紀後半にかけて建造されたカテドラルはゴシック様式の傑作で、調和のとれたたたずまいから「ゴシックの理想像」と呼ばれます。

<レオン・カテドラル内部 2016年6月8日10:18>

カテドラルの東西南北全てにステンドグラスがあり、総面積1,800平方メートルのステンドグラスはスペイン最大です。

<レオン・カテドラルのステンドグラス 2016年6月8日10:15>

その後は、そこから500mほどの所にあるサン・イシドロ教会に歩いて行きました。

<サン・イシドロ教会 2016年6月8日10:30>

サン・イシドロ教会はセビーリャの大司教イシドロに捧げられた教会。1062年に着工、その後増改築が繰り返され、ゴシックやルネッサンスなど各様式が混在しています。

<サン・イシドロ教会の祭壇 2016年6月8日10:38>

そして、11時半頃にレオンを貸し切りバスで出発し、西50km程にあるアストルガに向かいました。
途中、サンティアゴへの巡礼路が自動車道路と並行している走っている部分がありました。バスからは、大きなリュックを背負って、杖をついて歩く巡礼者達が散見されます(下の写真)。

<レオンからアストルガに行く途中の巡礼路を歩く巡礼者 2016年6月8日12:05>

1時間程でバスはサンティアゴ巡礼路の町、人口12,000人ほどのアストルガ(Astorga)に到着しました。

<アストルガの司教館(右)とカテドラル(左) 2016年6月8日12:37>

アストルガにはアントニ・ガウディ(1852~1926)設計の司教館があります(上の写真右)。この司教館は1889年に建設を開始しましたが、依頼した司教が亡くなり、あまりに斬新なデザインのために次の司教と意見が衝突し、ガウディは途中で製作をやめてしまいました。そのため、一部未完のままです。

<ドイツからの女性巡礼者達@アストルガ 2016年6月8日12:51>

アストルガは巡礼宿の町だけあって、ここにも巡礼者が多かったです。サンティアゴへの巡礼者は高齢者が多いのかと初め私は思っていましたが、実際には20代や30代の若者の方が多いのは、ちょっと意外でした。上の写真はこの街で出会った、ドイツから来た女性巡礼者4人組です。

<レストラン「セラーノ」@アストルガ 2016年6月8日13:04>

アストルガの街のレストラン「セラーノ」でランチを食べました。

赤ワインとパン

ジャガイモと野菜のスープ

ハムステーキ

プリンのデザート

我々は再び午後2時過ぎにアストルガを出発し、バスはサンティアゴ・デ・コンポステラに向けて走ります。

<セブレイロ峠(標高1,300m) 2016年6月8日15:57>

1時間半ほどで標高1,300mのセブレイロ峠に着きました。我々が行った時は天気が良かったですが、セブレイロ峠は1年の大半が風雨と吹雪にみまわれ、サンティアゴ巡礼路最後の難所と呼ばれた場所だそうです。

<セブレイロ峠の教会 2016年6月8日15:52>

峠の上には9~10世紀に巡礼者のために建てられた小さな教会があり、プレ・ロマネスクの簡素な美しい姿が印象的でした。

<我々の貸し切りバスと運転手、ジョルジュさん 2016年6月8日16:01>

このツアーの間、マドリッドからリスボンまで我々を運んでくれたのはベンツ製の大型貸し切り観光バスとポルトガル人の運転手ジョルジュさんでした(上の写真)。ジョルジュさんは温厚な、安全運転のドライバーさんです。

<ゴゾの丘(歓喜の丘)から見るサンティアゴ・デ・コンポステラの町 2016年6月8日18:24>

さて、セブレイロ峠から2時間ちょっとで、サンティアゴ・デ・コンポステラの郊外にあるゴゾの丘(歓喜の丘)の到着しました。ゴゾの丘からは、サンティアゴ・デ・コンポステラの町並みの中にそびえるカテドラルの尖塔(上の写真中央の3本の塔)を見ることができます。

<ゴゾの丘(歓喜の丘)に建つ巡礼者像 2016年6月8日18:30>

かつて巡礼者達は我先にと競ってこの丘にかけ登り、初めて目にするカテドラルの姿に涙を流したとのことです(上の写真)。

<レストラン「ドンキホーテ」@サンティアゴ・デ・コンポステラ 2016年6月8日18:56>

サンティアゴ・デ・コンポステラ市内に入り、レストラン「ドンキホーテ」で我々は夕食を食べました。エンパナーダ(ガリシア風パイ)、仔牛のローストなどを食べた後、夜8時半頃、この日のホテル「Eurostars Araguaney」に到着しました。

2016年6月29日水曜日

収穫期に入った畑

今日の畑は雨はやみましたが、梅雨の時期独特のどんよりした雲が八ヶ岳連峰の上の方を覆っていました。

<収穫期に入った畑 2016年6月29日10:59>

畑では、今年初めて植えた「サラダかぶ」が十分育っています。今日は4本引き抜いて、収穫しました。「サラダかぶ」は柔らかくて、生で食べても美味しいです。

<十分育ったカブ、など 2016年6月29日11:01>

その他に、キュウリ2本を今シーズン初収穫。ズッキーニも2本目を採りました。

<今日収穫したキュウリ、ズッキーニ、カブ 2016年6月29日11:07>

リーフレタス、サニーレタス、ベビーリーフなどは毎回採って、生野菜で食べていて、私の畑は今、収穫期に入りました。

2016年6月24日金曜日

北スペイン&ポルトガル旅行振り返り(2):マドリッド→ブルゴス→カストロへリス

6月6日(月)夜8時過ぎにマドリッド郊外のクラウンプラザ・マドリッドエアポート・ホテルに到着。マドリッドは泊まるだけで、翌日7日(火)朝8時に我々は大型貸し切りバスでホテルを発って、スペイン北の中心の町、ブルゴスに向かいます。

<マドリッドからブルゴスへ行く途中の牧草地帯 2016年6月7日10:45>

ブルゴス(Burgos)まではバスで3時間ちょっとの行程です。
マドリッドの郊外を出ると、もう牧草地帯や田園風景が続きます。

<ブルゴスへ行く途中の小さな町 2016年6月7日10:50>

ブルゴスヘ行く途中、バスからは小さな、きれいな町も見えました(上の写真)。
11時過ぎにブルゴスに到着。

<ブルゴスの街を流れるアルランソン川 2016年6月7日>

ブルゴスは11世紀にカスティーリャ王国の首都として栄えた中世の城下町で、アルランソン川のほとりに広がります(現在の人口は約17万人)。
そして、我々は旧市街への入口となる、14世紀に作られたサンタ・マリア門から入りました。

<ブルゴス旧市街への入口、サンタ・マリア門 2016年6月7日11:31>

その先にはブルゴスのカテドラル(聖母マリア大聖堂)があります。
ブルゴス・カテドラルは1221年に着工し、完成まで3世紀かかったというスペイン・ゴシック様式の傑作で、セビーリャ、トレドに続くスペイン三大カテドラルの一つとされます。

<ブルゴスのカテドラル(聖母マリア大聖堂) 2016年6月7日>

聖堂は、ヴォールトという建築様式を採用し天井が高く、たくさんの高窓やステンドグラスから光が入って、解放感があります。

<ブルゴス・カテドラルの祭壇 2016年6月7日11:51>

天井に近い、高い所にはからくり時計(パパモスカス)があり、我々が行った時には、ちょうど12時の時を鳴らしていました(下の動画)。

<ブルゴス・カテドラルのからくり時計 2016年6月7日12:00>

カテドラルを出たあとは、プラタナスの並木道やマヨール広場などを散策し、マヨール広場の一角にあるレストラン「リンカン・デ・エスパーニャ」で昼食をとりました。

<ブルゴスのマヨール広場 2016年6月7日12:37>

昼食は、ブルゴス名物のモルチージャ(豚の血入りソーセージ)、コロッケ、オムレツなどのタパス(小皿料理)でした(下の写真はそれらの一部)。

キノコのオリーブ煮

モルチージャ(豚の血入りソーセージ)

オムレツ

そして、ブルゴスを発って、バスで西に向かい、次にカストロへリス村(Castrojeriz)に寄りました。
カストロへリス村は巡礼路が町の中心を通るのどかな村。丘の上には朽ちた城跡がありました(下の写真)。

<ポピーの咲き乱れる草原の向こうにカストロへリス村を見る 2016年6月7日14:49>

村の中の通りには、サンティアゴ・デ・コンポステラに向かう巡礼者たちが泊まる巡礼宿がたくさんあります(下の写真)。

<カストロへリス村の巡礼宿 2016年6月7日15:47>

そして、村の近くには、中世に流行した難病を治す奇跡を行ったと言われる聖アントニウス修道会の廃墟が残っています。巡礼路はこの廃墟のアーチをくぐり抜けて、ずっと続いていました。

<巡礼路と聖アントニウス修道会の廃墟 2016年6月7日16:12>

我々は再びバスに乗って、この日の宿泊地、レオンに向かいます。

<カストロへリス村からレオンに向けて走る 2016年6月7日16:17>

延々とのどかな田園風景が続きます。

2016年6月21日火曜日

北スペイン&ポルトガル旅行振り返り(1):成田→マドリッド


今月6日(月)~15日(水)の間、家内と一緒にツアーで北スペインとポルトガルに旅行しました。
これは自分としての振り返りの記録です。

参加したのはユーラシア旅行社の『北スペイン巡礼路とポルトガル・ハイライト10日間』です。
2012年6月にJTB旅物語のツアーに参加して、スペインを旅行しましたが、この時はマドリッド周辺、アンダルシア地方、バルセロナなどを巡る10日間のツアーで、北スペインは含まれていませんでした。今回のツアーは行っていなかったサンティアゴ・デ・コンポステラなど北スペインと、行きたかったポルトガルをぐるりと巡り、経路、日程が希望と合致していたので、選びました。

<成田ビューホテル 2016年6月5日16:11>

5日(日)昼前に蓼科の我が家を車で、ランディを乗せて出発。小淵沢IC近くのいつものペットホテル「ナイトウ」さんにランディを預けて、小淵沢ICから高速道路を走り続けて、午後、成田ビューホテルに着きました。
成田ビューホテルはネットを使ってホームページから予約すると、料金が割安で、しかも、一泊すると駐車料金が10日間無料になるので(宿泊プランによる)、便利です。我が家は成田で前泊する必要がある時はいつもここです。

<アムステルダム・スキポール空港 2016年6月6日16:00>

6日(月)は朝8:30に成田国際空港第1ターミナルに集合。このツアーの参加者は全部で19人。内、夫婦は我々を含めて4組、また、男性5人で女性14人と女性が多かったです。

<アムステルダム・スキポール空港ターミナル 2016年6月6日16:00>

10:25成田発KLMオランダ航空にて、14:31アムステルダム・スキポール空港に到着。
スキポールは大きな空港です。
そして、17:00アムステルダム発KLM便にて、19:20マドリッドの空港に着きました。

<Crowne Plaza Madrid Airport Hotel 2016年6月7日07:55>

空港から貸し切りバスで、マドリッド郊外の空港近くのCrowne Plaza Madrid Airport Hotelに到着。マドリッドの日没は22時頃で、まだまだ明るかったです。

マドリッド(Madrid)は泊まるのみで、翌日は北のブルゴスに向かいます。